18歳選挙権

西暦2016年(平成28年)6月 改正公職選挙法が成立し、
選挙権年齢が20歳以上から 18歳以上に引き下げられました。
18、19歳の約240万人 が新たに有権者にりました。